主にファッションイベントに関連することを発信するサイトです!

東京ランウェイとリアルクローズの関係性

神戸コレクション東京公演として始まった経緯があります。東京をリアルクローズファッションの地位に置くために、魅力あふれるファッションショーが開催されています。本記事では、東京ランウェイの魅力と、リアルクローズのおすすめについて詳しく紹介します。

東京ランウェイの魅力

東京ランウェイは、20代半ばの女性をメインターゲットにしたファッションショーです。もともとは、神戸コレクションの持つ日常的な洋服であるリアルクローズにフォーカスしたファッションショーです。東京でのリアルーズ拠点を育てていきたいう気持ちから、神戸コレクションの東京公演として、しばらくの間行っていました。2012年に10周年を迎えるにあたり、東京でのリアルクローズの拠点として、再度仕切り直すことを目的に、東京ランウェイと名付けられてファッションショー(コレクション)がスタートしています。東京が持つ都会的なイメージを武器に、アジアでのヤングファッションの中心的な存在となるべく、毎年春と秋の2回公演が行われています。東京の国立代々木競技場での開催で、観客は1万5000人ほど訪れています。モデルやタレントの出演数も大変多く、100人ほどが参加しています。また、ファッションブランドは、約30ブランドが出店をしていますので、毎回ファッションのトレンド傾向が一目で把握できる人気のイベントです。また、歌手などによるライブ演奏も実施されていますので、音楽が好きな方が注目するイベントでもあります。

アジアのファッションリーダー

アジアで最高峰のリアルクローズファッションショーである東京ランウェイでは、約30のブランドが出店する大きなファッションイベントとなっています。20代後半の女性にターゲットを合わせた魅力あるイベントです。東京コレクションで扱われるようなオートクチュールのファッションも高級感や非日常感があり大変魅力的な内容なのですが、実際に着用する機会などはほとんどない方が多いため、自分のワードローブを想像しながら東京コレクションを鑑賞するということは、あまり現実的ではないようです。東京ランウェイのように、20代の方には日常的な洋服を扱うリアルクローズの方が受け入れやすいと好評です。また、アジアの中で東京はファッションリーダー的存在の街となっていますので、この地で発表されたリアルクローズファッションは、他のアジアの国々でも受け入れられやすく、魅力的なファッションを多く輩出しています。

一般消費者に向けたファッションショー

洋服の小売による業績を視野に入れているのが、リアルクローズが対象のファッションショーです。現在では神戸や東京をはじめ、札幌や仙台などの地方の中心都市でも開催されています。特に、神戸コレクションと東京ランウェイ、東京ガールズコレクションでは、出演者が豪華であることが魅力のひとつです。ファッションを鑑賞するよりも、出演者を見たいという理由で鑑賞する方も多いのです。このコレクションは、一般消費者のニーズに対応していて、モデルが着用している洋服をすぐに購入することができる点がもう一つの魅力といえます。このように、一般女性の目線に合わせた東京ランウェイは、等身大の女性の美しさを追求する上でも大切なイベントだといえるでしょう。